ユイスのラグナロク日記・第462話


今回は猫とイカの恋の話し!

昔、猫とイカが恋をした。
しかし、謎の死を遂げる猫・・・多くの猫たちはそれを「イカ一族の呪い」だと言いました。
その呪いというのは非科学的だけど猫たちは、イカ一族を見ると背中がゾワゾワして落ち着かなくなる事実がある。

期間限定の回復アイテム「イカ焼き」を販売しているモモッカのクエストです。
イカが「イカ焼き」売るのはどうかとも思いますが。

モモッカからお願いされたのは願いを叶える「トリプリズム」を探して欲しいのこと。
「トリプリズム」は迷宮の各階層にいる石像から入手することができるフラグアイテム集めで完成します。

「トリプリズム」が出来た経緯はイカ大神官から教えて貰えます。
今はイカ一族は迷宮、猫は島に住んでいるのですが、仲が良かった時期があったらしい。

どうやら「トリプリズム」は願いを叶える宝ではなく、イカ一族と猫との友好の証、記念碑だったようです。

そして話しは例のイカ一族の娘に恋をした猫になり。

どうして猫が亡くなってしまったかが語られる。
なんと死因は食べ物・・・そして、残されたイカ一族の娘も絶望のあまり自ら命を絶ったそうです。
これからほどなく、猫たちがイカ一族との交流を絶ったそうです。

島に戻り、モモッカに真実を告げる。
端っこに写っているのが虎次郎という名前のクールキャットです。
(=・ω・=)オレ様のことは諦めるんだにゃ。それがお前のためだぜにゃ。

ここで付近にいるレリューナから、イカ一族の料理を食べた猫が倒れた話しから、普段は何を食べているかの質問が入ります。
どうやら、イカ一族はイカが主食らしい?

すると!!

ネコガイヤガール!!
チアミナーゼ、ビタミンB1を破壊、熱によって失活する。

イカ一族と仲良くなった猫は、生のイカを食べる機会が増え、「ネコガイヤガール」が原因で命を落とす事が増えたらしい。
加熱すると分解するので「イカの丸焼き」は問題がないはずだそうです。

(=・ω・=)解決してないにゃ!!

ネコガイヤガールを本能的に避けようとしている行為であって呪いではないとの説明が入ります。
だが、本能的にイカ一族を避けるとなると関係改善は難しいのではないかという話しになりました。

しかし!!

なんとかぶり物だったらしい・・・こいつイカじゃなかったのか。

(=・ω・=)にゃにゃにゃにゃんだってぇぇぇぇ!

誰も予想しなかった真実。
イカ一族はイカではなくて、イカが大好きでたまらない一族だったのです。
つまりはモモッカもイカ大神官もただのコスプレ・・・イカ大神官の中の人などいないっ!!

猫、ゾワゾワを失う。
そして襲いかかるイカ。

こうして猫とイカ一族の関係は改善していくでしょう。
ゾワゾワしなくなってしまった猫は素早い猫パンチを繰り出せなくなったそうですし。

これにて長くなった「僕のドキドキ冒険記!」は終了です。


戻る