ユイスのラグナロク日記・第459話


プロンテラの街中に「まにゃん案内人」というか、まにゃん案内猫が現れました。
7/22〜8/12まで開催されている「僕のドキドキ冒険記!」の特別マップへの転送をしてくれます。

さて、その「まにゃん島」は問題が発生中!
「まにゃん島」の地下にある「迷宮」から不気味な音がしてくるらしい。

本当に死活問題なのかは別として。

「まにゃん島」イベントのキーキャラクターの「ボンバスの孫娘」改め、レリューナです。
次元の裂け目に存在する異世界探索の第一人者である彼のもとを離れ、独自テーマを研究する事にした際、ここを紹介されたらしい。

さて、ここで本題である「迷宮」から聞こえてくる不気味な音。

やはり、多くの猫たちにとっては問題だったらしい。

「迷宮」に地鳴りが発生するようになってから、元々は出現しなかったモンスターも現れたらしく。
どうして地鳴りが発生したのか「迷宮」の中を探索することが難しく、強力な冒険者たちの協力を求めています。

「迷宮」に入る許可は、島の「英雄」であるミスティから得る必要があります。
ミスティは「初心者修練所」に普段はいるキャラクターで、「ポリン団」クエストに関係するキャラクターです。
ただ「初心者修練所」の実装が遅く活用されず、プロンテラ通信の方で知っている人が多いかも。

さて、そんなミスティが何故、「まにゃん島」にいて英雄扱いかと言いますと。





・・・・・・酷い。

ちなみにミスティの姉は大人気ヒュッケです。

端っこに写っているのは巻き込まれて海に投げ落とされた「ネコリン殿」
突然の英雄扱いで、調子に乗っているミスティの家来として認識されて納得できずにいます。

「迷宮」へ入る許可を出す事は簡単らしいのですが、それでは英雄としての威厳を保てないとかなんとか。
そこでポリン団を見張っているらしい、冒険者アカデミーから派遣されている「ルーン」と「ミッド」の二人を追い出して欲しいとの事。

この二人の部分は割愛。



・・・・・・んー。
『カメラアングルを変更』

確かにしましまだった。

この後、レリューナに一度報告し、迷宮内では「イカ一族」の助けを借りるようアドバイス貰う。
「イカ一族」は海神を信仰しながら迷宮の中で暮らしている一族だそうです。

これでようやく迷宮に侵入できるようになりました!
迷宮はクエストダンジョンなので、パーティーリーダーが作成した後、一定時間で消え、再侵入時間制限があります。

思った以上にボリュームがあったので、次回に迷宮の中と謎の敵と戦います!!


戻る